初めての胡蝶蘭。華やかさと豪華さが決め手

結婚して海外に在住している中、先日母の還暦の誕生日を迎えました。
当初は、こちらのデパートなどで記念になるものなどを探そうかと思っていたのですが、母がガーデニングにハマりだして久しく、図書館や本屋さんで本を探しては、寄せ植えを綺麗に楽しんでいるのを思い出し、やはりベタではあるけれどお花を贈ろうと思いました。
当初プレゼントのお花で思い浮かんだのはバラでしたが、既に庭には薔薇の木があります。
こういう機会でないと選ばないもの、お祝いというキーワードで、胡蝶蘭に行き着きました。
お部屋に飾れて、目を楽しませてくれて、華やかさがあるお花。
胡蝶蘭は、会社の移転記念や上司の昇格記念などで目にしていただけで、大きいものしか知りませんでしたが、ネットで色々探していくうちに、一回り小さなサイズや、沢山のカラーが選べることを知りました。
2月のお誕生日、まだまだ寒い日が続くけれどお部屋の中は、明るくそして、気持ちも華やかになるようにピンクの胡蝶蘭を選びました。
とても喜んでくれて、切花と違い手入れをすれば長持ちするので、どんどんかわいい花を咲かせてほしいなと思っています。
いつもありがとう、これからも素敵な時間を、という思いを込めて!